カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんたん魔術鍛冶ガイド

身内から魔術鍛冶師覚えたけどDo-SuRuんだYぉ?という電波を受信したのでゆんゆん出すしかありません。
まあ、いまさら魔術なんて教えてもらわなくても問題ねーっすよ!オレ、テメェより魔術うめーからHAHAHAファッキン魔術ビギナーのオサモはひっこんでろごみかす!という声が聞こえてこないこともないかと思われるのですが、ちょっと最近僕はジブンを罵倒しすぎておられる^q^
とりあえず今回は魔術なのです。どれもこれも日本語wikiに魔術の項目あるのに具体的にどうやって魔術してくか載せてないのがいけないのです。ワタクシ見ないので問題ないですけど。アルェー?・・・魔術覚えてたりする人は、別にこの記事大したこと書いてないんで明日に期待してね☆

-職人に依頼する場合の注意点-
・生産と魔術を同時に依頼する場合、最初に伝えておきましょう
 たまにあるのですが、WIS来たときに「ハンマー生産お願いします。」と言われると、ササッとハンマー作った後にジブンはポーションで飛んでしまうことがほとんどです。狩り中でも生産だけならすぐ終わるしといって来る場合もあるので、魔術込だとお断りするケースがあります。ジブンだけかもしれませんけど伝えてもらえると助かります。
・ルーンを自分が考える3倍くらいは持ってきましょう
 魔術を自分でやったことのない人は、とりあえず無印とか弱ルーンは3桁ずつ持ってきてください。一度だけあったのですが、上げたいステータスの分ぴったりルーンをもってこられた方がいました。成功率は100%ではないです。
・料金は作業開始前に決めておきましょう
 トラブルのもとです。職人から「テキトーでー」とか言われない限りは最初から決めましょう。
・むやみやたらと全ステ最大でと言わない
 魔術に詳しくない人がこれを言ってしまうのは割と無謀です。全ステ最大にするにはかなりの量のルーンが必要になるので、ある程度妥協ラインを決めておきましょう。全ステ最大で手順を職人にまかせると、任された側としては要求通りに作る事になる場合が多いでしょうから

・職人のほとんどは慈善事業のようなもの

 割と知られていないようので、行間開けておきました。代行料金にもよりますが、僕の知る人の中で言うならば、完全に慈善事業です。知り合いでもない人の装備を魔術する必要なんてない、という大前提は一応ありますが、それ以上に魔術代行をして得られる収入よりも金策して得られる収入の方が多いです。ジブンは今のところハンマー魔術は30分80kくらい頂いておりますが、1時間金策すればその倍近い額は稼げます。ジブンの代行料は高い方だと思ってますけど、本体のレベルが上がれば当然狩り効率も上がってくるのでどんどんボランティア率があがっていきます。まあ要するに職人も魔術用NPCじゃないので節度を以て接しましょうということです。ちなみに、ジブンの場合だとむしろ知り合いからの依頼の方が多く払ってくれてます()超感謝!

-ここまで蛇足-

さて、それでは本題に入りましょう。今回はちょうどハンマーズリーを作ったのでそれを実際に魔術して、その過程を追っていきたいと思います。

まずハンマーズリーのステータスがこちら
+31~50 知性
+201~250 活力
+26~40 精神
+2 召喚
+5~7 ダメージ+
+5~7 ヒーリング

今回目標とするのは、知性最大~20過剰、精神35以上、召喚、ダメージ+ともに最大、ヒーリングは最後残ったら残った程度、という感じで魔術をしていきます。
blog0126.jpg
まずは、ハンマーズリーはもともとの攻撃属性がNなので属性変更をします。誰が言い出したか知りませんが、属性変更の成功確率はだいたい20分の1くらいだそうです。体感としてもそれくらいあれば大丈夫かなという感じ。
ファイアーポーションを投入する事11個。
blog0127.jpg
無事に属性が火に変更できました。
さて、ここからは属性変更によってボロボロになってしまったステータスを戻さないといけません。戻すステータスの順番はルーンパワー(パワー一覧表は長くなってしまうので省きます。wikiなんかに載っているのでそちらを見てください)が一番高いものから戻していくとやりやすい、というよりも一般的です。
blog0128.jpg
先ほどの属性変更のせいでルーンパワー30の召喚が見事に削れてしまっているので、まずは召喚を戻して、ダメージ+やヒーリングを戻したいと思います。
ちまちまルーンを貼り付けていくと
blog0129.jpg
無事にルーンパワーの高いものが全て最大値になりました。ルーンを貼り付けるときは、その数値が補正幅の最大値に近くなればなるほどルーンが入りにくくなります。ここで最大を維持し続けるか進めてしまうかは人によって分かれているようですが、僕はここで最大補正を維持したままやろうとして途中でめげました(後で出てきます)。
blog0130.jpg
そこで次にルーンパワーが3の精神を戻していきたいと思います。私はほとんど無印ルーンは使わない主義なので弱ルーンをポチポチいれていきます。そしてちょっと精神が上がってきたなというところで、今度は知性をいれてみます。

ちなみに、ここで少し補足をいれておきます。魔術ルーンの中には4属性ステやドロップなんかは、無印・弱・中という段階がありますよね。ダメージ%には弱ダメージ%という名前ながら効果が"ダメージ%+10"というものもあります。このランク付けされているルーンなのですが、魔術する装備にもよるのですが、どのランクのルーンはだいたいどのくらいのステータスまで残高(後述)とか使わなくても比較的容易に上げる事が出来るか、というのが決まっています。
これを知らないでいるとルーンの無駄が出てしまったり色々と面倒くさいことが生じるので、一応私が普段やっている目安を書いておきます。


ステータスの種類/無印/弱/
バイタリティ 90 220
4ステ 30 55
ダメ% 20 50
ドロップ 15


こんな感じです。残高使えば無印でもっといけますけど、残高よりは弱ルーン使いたいのであります。というわけで、続きに戻りたいと思います。

blog0131.jpg
途中で召喚が削れてしまったのですが、他のが下がることなく戻すことができました。このように入れたルーンの数値がそのまま追加されて、かつ他のステータスが一切下がらないことを「大成功」と呼ぶケースが多いです。
ちなみに、なんでここで精神を上げないで知性をいれたかというと、精神が常に大成功で上がっていけば問題ないのですが、ルーンの数値が反映するけれど他のステータスが下がってしまう場合(成功と言われているようです)、ダメージ+や召喚なんかの比較的大変なものが削れてしまいます。ですので、弱ソウルのルーンパワー9分の知性(=知性9)があると、ひょっとすると成功の時に知性が削れてくれるかもしれないからです。

ですが、正直この手順はふまないでやる人もいます。だって面倒くさいんだもの僕もある程度数値稼いでからでないとやらない事が多いので、一番重要なのは大成功を引き続ける運です。

blog0132.jpg
それ、見た事か。オイラのもくろみは見事に失敗し、見事に召喚だのヒーリングが削れた跡が見えます(ここに至るまで知性を確保して削れてーってのがあるのでそれなりには活躍してもらってます一応)。もう一度言いますが、好みです。

blog0133.jpg
また知性がちょっと高くなってきたので、今度は弱インテリ投入したときの犠牲になってもらう活力を少しだけ注入しておきます。ここで目論見が成功してくれれば・・・!
blog0134.jpg
日ごろの行いが素晴らしく善良な市民なので見事に思惑はうまくいきません。おのれ既得権め許せぬでござる。せっかく真面目な記事なので冗談はよし子さんで進行します。通常ですとあと2~3行は続きます。ちなみに、ここで精神が削れていってしまっていますが、ここは弱ソウルルーンでパパッと戻していく感じにしたいので、37になるまで無視して知性ガン上げしているところです。
blog0135.jpg
本当に世の中は冷たかった。悲惨な形跡がログに見られます。アワレなオサモに未来はあるの・・・?

~ここで一度めげたので休憩しています~

最初の方で書きましたが、ここでヒーリングなんかそもそもいらないし、見た目だけのために最大確保なんてやってられるかー!ということでヒーリングは6(謙虚)に進む事にしました。手順は上述したものと同じです。ただヒーリングを最大にしないので、ヒーリングが削れても多少は戻りやすい感じがしました。
blog0136.jpg
実は精神は34くらいになったら戻すか―と思ってたんですが、タイミングを逃して次のルーン入れたら36に→同じ事を繰り返して33へ、というポカをやらかしてます。せっかく休憩したのに意味ないですよねこれじゃw
blog0137.jpg
なんだかんだいい感じのステータスになってきました。ここで注目してもらいたいのは、青でかこってある残高という部分です。今までのログでも何度も出てきているのですが、この残高というのの説明をせっかくなので少し挟みたいと思います。


残高ってなんぞ?
詳しい事はwikiにも書いてあったような気がしますけど、一応簡単な説明をしておきます。魔術をしていく際に、先に上げた「成功」というケースがあります。このSSを『活力:+10 召喚可能なモンスター:-1 +残高』となっていますよね。この残高というのは、『成功で削れたステータスのルーンパワー-成功で追加されたステータスのルーンパワー』が残高として記憶されるものです。つまりここで言うと『30-2.5=27.5』が残高として残るわけです。
この残高があると、次以降ルーンを投入して、ステータスが下がってしまう時に、その下降するステータスの代わりにそのステータス分と同じルーンパワー分の残高が消費されていくという仕組みになっています。しかし、残高があるからといって必ず残高が減るわけではないので注意が必要です。また、残高分をオーバーしたパワーはしっかり他のステータスが削れてくれますのでくれぐれも過信しないようにしましょう。

まあ軽く残高の話に触れたので、その次を見ていきます。残高の表示が出たあとに、召喚が大成功で戻っているので、先に説明した分の27.5が残高として残っています。そこで次に中バイタリティを投入したのですが、ここで失敗しているので残りの残高はぴったり20ということになります。そして中バイタリティに成功しているのでステータスがSSのものになっています。

これでも十分使える範囲なので終わりにしてもいいのですが、一応目標は知性最大を掲げているわけですし、せっかく残高が20残っているので過剰魔術(補正幅を上回るステータスの追加)を狙ってみたいと思います。残高が20残っているという事は、中インテリルーンで残高マイナスが2回でるまでは安全にいれられるということですよね。

blog0138.jpg
言った矢先に2回残高が減りやがりました。謙虚な目標を立ててはいましたけど、実際のところ20過剰を狙っていたのでちょっと悔しいです。まあそれなりの性能ではあるので他の装備より安くいじれるなと思ったころにまた魔術しなおしたいと思います。

完成したハンマーがこちら
blog0139.jpg

説明と言うより手順を追うだけになってしまった感がいっぱいですが、中の人のAPはこれ以上ないのでおしまい。これから魔術を覚えようとしている人の多少の助けになればいいかなーって感じです。こんなこと書くならwiki更新しろよ!とか言われそうですけど、ジブン誰かに教わったというよりは依頼された手順を見よう見まねでやって覚えた程度の能力なので、あまり自信がなかったりします。なのでwiki編集はもっと詳しい人にまかせます!

魔術頑張ってください。じゃーね!

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PSO2_200x40_応援バナー04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。