カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dofus bookを活用しよう。

結構使ってる人も多いとは思いますが、Dofus bookの使い方がいまいちわからないというお話を前々からちょこちょこ聞きますので個別に言うのもアレですから基本的な使い方だけ書いてみます。入力が面倒なのでアキュート等は全て省略して書きますのでそこらへんだけ気をつけてください。ちなみに全ての機能を説明するわけではありませんが使い込みたい人は説明とかいらないよね・・・あと登録は自己責任でお願いします。

1:ID取得までの流れ
まずはトップページの上部メニューからInscripsionというメニューを選択します。すると次のようなページに切り替わります。
blog1000.jpg
上から順に
Psuedo:ニックネーム
Motde passe:パスワード
Confirmer:パスワード確認
E-mail:そのまま
Confirmer:アドレス確認
CGU:規約に同意するか否かのチェック
Filtre anti-robot:BOT対策。欄内の計算をしてください。
Resultat:上の問題の答えを半角数字で入力

入力が終わりましたら下部のCreer mon compteをクリックで入力したアドレスに登録確認メールが届きます(たしか。登録したのずいぶん前だから違ったらゴメンネ)。

念のため書いておきますがもちろん登録するアドレスや使用するパスワードは実際にゲームで使用しているものとは異なるものにしておきましょう。会員登録が無事完了しましたら次はキャラクター作成画面に行きたいと思います。

2:キャラクター作成
登録できるキャラクターは最大8キャラまでとなっております。Dofus bookログイン後上部メニューからPersonnagesというものをクリックするとグレーの♂イオが並んでいる画面に切り替わります。このグレーのイオップが現在空いているスロット数とでもいった感じでしょうか。したの方にスクロールしてもらうとフォームが二つ横にならんでいますので、右側の入力フォームに該当するものを入力してください。
blog1001.jpg
上から順に
Sereveur de jeu:サーバー名(残念ながらレタリンはありませんので適当に。虚偽登録ほんとはいかんのかもしれんので自己責任で)
Nom dans Dofus:キャラクター名
Classe:クラス名
Genre:性別
Niveau:レベル

入力が終わりましたらAjouterをクリックするとキャラクターが作成されます。

3:キャラクターの基本情報を入力する
一連の作業が終わりましたら、今度は左側のメニューボックスの棒人間みたいなのが並んでいるところに先ほど作成したキャラクターのアイコンが表示されると思います(されていない場合は作業が失敗しています)。そこから該当するキャラクターをクリックすると次のような画面に切り替わります。
blog1002.jpg
私がブログ上でも掲示している事が多いので見覚えのある画面ではないでしょうか。ちなみに1キャラクターにつき装備並びにステータスが3セットまで登録することができます。Stuff♯と書かれている部分が現在選択されている装備セットを表しています。今回はこのStuff♯1というものを用いて説明を行っていきます。

まずはキャラクターの基本となるステータスの入力画面に移りたいと思います。画像の少し上のあたりに
Personnage Equipement Caractéristiques CaC Sorts Réduction
と並んでおりますので、左端のPersonnageをクリックしてください。
そうしますとこのような画面が表示されるはずです。
blog1003.jpg
上から数項目はキャラクター作成時に入力した項目と同じですので、変更がなければこのままでよいでしょう。
Confidentielというのはシミュレートしたキャラクター情報を公開するか否かの設定ができます。もしシミュレートした結果を人に見せたりしたい場合(補足ですがシミュレートした結果はアドレスによって人に見せることができます)はいじらなくて結構です。
次にしたのフォームを入力していくことになりますが、見てわかると思いますが上から順に
Vitalite:活力
Sagasse:精神
Force:力
Intelligence:知性
Chance:運
Agilite:素早さ
となっています。
右に並んでいる二つのフォームですが、Totalというものはステータスポイントを振り分けた後の最終的なキャラクターのステータスを入力します。右のDont Parcheminsというのはステータススクロールで補強した分、所謂固定値となるステータスを入力します。その横に書いてあるのは入力された値以上のステータスを振り分ける際に必要なステータスポイント数を示しています。これはリアルタイムで反映されているわけではありませんので、表示を更新したい場合は下部のCalcul capital restantをクリックしてください。参考画像では全ステータスをスクロールしたスチーマーの知性を450まで振った場合、残りのステータスポイントは47であることを示しています。
ここまでの作業が完了しましたら Sauvegarder les changementsをクリックして保存しましょう。ちなみに画像には入っていませんがその下に書いてあるのはステ伸びのアレです。

4:装備を決めよう
それではキャラクター情報を入力し終えましたら先ほどの装備画面に戻ったと思いますので、装備したいアイテムを決めていきたいと思います。まずは選びたい装備の部位をクリックすると、該当部位の装備から自分のレベル帯に近いものが一覧で表示されると思います。
blog1004.jpg
こんなかんじですね。帽子を選択しましたのでChapeausとなっておりますが、その横に書いてある数値151 a 200というのは表示する装備のレベル帯です。通常は選択しなくても近いレベル帯が出てきていますので大体の場合は目的の装備はすぐにみつかります。その上の入力フォームはアイテム名を直接入力(フランス語)するかレベル帯を直接入力して検索する方法ですが面倒くさいだけなので普通に探しましょう。

目的の装備を見つけましたら、Equiperをクリックすると、先ほどの装備画面に反映されます。Afficher recetteをクリックするとその装備のレシピ、Afficher descriptionをクリックするとアイテム説明が表示されます。ちなみにその装備がセット装備である場合は、「Panoplie de ~」という表記がありますのでそこをクリックすると該当セットの部位が一括で表示されます。
今回はコロッソセットを装備したいと思いますので、Panoplie de Kolossoを表示します。
blog1005.jpg
ここで装備部位数毎のセット効果も見ることができます。フルセット一括で装備したい場合は「Tout equiper」をクリックしましょう。これを繰り返していき装備を埋めていきます。さて、ここで問題となってくる(聞いた話の中だと知らない人が多かった)のが魔術やドフスの数値など細かい項目についての設定です。
やらなくても本人がわかっていれば問題ないといえばないのですが、武器の威力を確かめたい場合などは属性変更を含めて計算してもらいたいですよね。ということでそういったものの入力に移りたいと思います。

まずは装備し終えたものをクリックすると次のような画面が出てくると思います。
blog1006.jpg
もとからついているステータスの値はここの数値を変更して「Valider」をクリックすることで反映させることができます。ですが、もとからついていないステータスを追加する場合や属性変更を行う場合は、ハンマーのマークをクリックして別の項目を入力しなければなりません。

それでは早速入力してみましょう。
blog1007.jpg
このような画面が出ると思います(画像では追加ステータスを入力する場合のフォームを開いています)。武器の属性変更をする場合は、使用するポーションのアイコンをクリックすることで武器の属性が変更されます。ステータスの拡張を行う場合は、「Nouvel effect」の項目に追加するステータスの値を、右のフォームから追加するステータスの種類を選択し、「Ajouter」をクリックして追加します。なお追加したステータスは上のEffects欄に追加されますが、削除する場合は該当ステータス横の×印をクリックすることで削除することができます。入力が終わりましたら「Valider la FM」をクリックして決定しましょう。それと、装備条件を満たしていないものを装備仕様とした場合、装備画面のところで該当装備が赤枠表示になります。


ここまで頑張って入力したと思いますが、毎回これを入力していたら大変な作業になってしまいますよね。そこでこれらの結果を保存したいと思います。
blog1008.jpg
装備画面の下部にこういったものが表示されていると思いますので、「Sauver l'equipment」をクリックして保存しましょう。ちなみにお隣の「Tout supprimer」をクリックするとセットした装備をリセットすることができます。他によく使う機能というと、セットした装備やステータスを他のキャラクターや他のセットにコピーしたい場合には「Copier l'equipment」をクリックすると、コピー先のキャラクターやセットの選択、コピー元の情報(装備だけか、ステータス振り+装備か)などを選ぶことができます。ほかはそれほど頻繁に使うものではないかと思いますので省略します。ちなみにオーナメント部分の下にアドレスが表示されていると思いますが、このアドレスをそのままコピーすれば他の人にシミュレート結果を見てもらうことができます。

5:結果を表示する
さてもう終盤となりましたのでここからは駆け足で説明して終わりたいと思います。装備画面の上部にあったメニューから「Caracteristiqeus」をクリックするとセットした装備とステータスを合算した値が表示されます。
blog1009.jpg
参考画像ではオトマイセット+コロッソセットにインクノベール、クリングラブを装備し、オークルドフスとターコイズドフス最高値を装備しています。魔術でAPとMPを1ずつ追加した結果となっています。一応英語とは違う部分だけ説明すると、
基本ステータス欄の「Pano」:セット効果
Portee:有効エリア
Invocations:召喚数
Soins:ヒーリング
Puissance:ダメージ%(パワー)
Esquive PA(PM):AP(MP)回避
Retrait PA(PM):AP(MP)奪取
です。ダメージ+の欄は、「Fixe」となっている部分が通常の「ダメージ+」で「Total」では属性ダメージ+を合算したものになっています。

では次に武器攻撃の威力についてですが、これは「CaC」をクリックすると見ることができます。
blog1010.jpg
ここで入力することができるのは、武器攻撃する対象の耐性や、武器スキルのレベル、攻撃を行う回数などです。Dégâts moyens par tourというのは上で指定された回数の武器攻撃を1ターンに行った場合の平均ダメージです。

クラスごとのスキルによるダメージの計算は、上部メニューから「Sorts」をクリックすると表示されますので、詳細を見たいスキルの「Afficher details」をクリックして展開すると見ることができます。タルトやブーメランなどの各種エレメントスキルは一番下にありますのでそちらから確認することができます。

これで一通り基本的な動作は説明したつもりですが、冒頭でも述べた通りdofus bookは本当に多機能で面白いのでこればっかりはまってゲームそのものは放置してたなんて展開になった例をいくつも知ってます()もともとレ足りんサーバーのプレイヤーはdofus bookが考慮していないでしょうからあくまでも自己責任でやってくださいね。装備情報は更新がかなり早いですが、スキルは一部古いものが残っていたりしますので一応注意はしておきましょう。

それと海外のサイトを見るときの基本的な事柄ですけれど、フランス語やドイツ語などは機械翻訳で日本語にするとまるで読めない文章になる事がほとんどですが、英語への翻訳精度は割と高いのでフランス語わからないけどフランス語のサイト読みたいって人は英語に翻訳しましょう。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PSO2_200x40_応援バナー04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。